大阪の児童デイサービスは幼児体育も行っていますので興味のある方は是非ご相談ください

お問い合わせはこちら

幼児体育

保育の一環として運動あそび

子どもたちの成長過程の中で運動は欠かせません。                  保育の中で運動あそびを取り入れ身体を動かす大切さと身体を動かす喜びを感じていきます。
子どもたちは、運動あそびの中で様々な経験をし、友だちとの関わり方、ルールや協調性、あきらめない心などを学んでいきます。そんな子どもたちの成長の一助、きっかけ作りができればと思っております。
子どもたちを中心に考え、指導するというスタンスよりは共に成長していくことを大切にしています。
子どもたちの「生き抜く力」を、保育園や幼稚園様と一緒になってサポートできればと考えております。少しでも興味のある方はお問い合わせください。

子どもたちの「生き抜く力」を育んでいきましょう!

子どもたちにとって、体を動かすことは、あそびの一環。現代では、子どもたちのあそぶ場所が少なくなり、外に出てあそぶ機会がすごく少なくなっています。                                       

「あそびの経験が少ない」=「発達成長が未熟」ということが言えるのではないでしょうか。                                       

そのため、体力低下や肥満、コミュニケーション力の低下などさまざまな影響が出てきているのではないでしょうか。
運動あそびを通して、体を動かす喜び、人と関わる喜びなどを経験していくことで、本来の子どもたちの持っている可能性の芽をどんどん伸ばしていき、生き抜く力を育んでいきます。

運動あそび

あそびがまなび!

子どもたちにとって、あそぶことがまなぶことです。

まずは、思いっきりあそんでみること。あそぶことには、失敗なんてありません。ましてや、あそぶことが苦手な子どももいません。さまざまなあそびを通して、子どもたちは本当に多くの経験を積んでいきます。そして、その経験が、生き抜く力となっていくのです。          

運動あそびから、生き抜く力、あきらめない気持ちを育んでいきます。

子ども達の成長と笑顔があふれる運動教室

正課体育

子どもたちに「運動あそびが大好き!」と感じてもらうことを使命とし、さまざまな運動あそびを展開していきます。また、園のカリキュラムに合わせた、運動カリキュラムを展開することも可能です。

 

運動だいすきっ子を育てていきます

スポーツクラブ

対象

3歳児(年少)~小学6年生

身体を動かす喜びを感じる

マット運動・とび箱運動・鉄棒運動・なわ運動・ボール運動などを通して基本的動作の習得から、運動を通してのコミュニケーション力の向上、人との関わり、やり抜く力(メンタル面の強化)、など、運動ができるできないにこだわるのではなく、あくまでも、身体を動かすことの喜びを感じるということを大切に行っております。

スポーツクラブを開催するにあたり

スポーツクラブは実施園様に園庭・器具等をお借りし運営させていただいております。幼稚園・保育園様のご協力があって成り立っている活動です。子どもたちの為に有効に園庭・器具を使用させていただいておりますので、実施園様にクラブ会員1人当で借用費をお支払いしております。