自分を責めてしまうお母さんへ。エール!

お問い合わせはこちら

ブログ

自分を責めてしまうお母さんへ。エール!

2020/05/07

ただの癒し画像です。すみません。笑

 

今日は、お母さんにエールを!

 

ずっとお子さんがおうちにいて、

ついついイライラ。

怒ってしまってはイヤな気持ちが襲って罪悪感。

 

私じゃなければもっと上手く子育てができたかもしれない。

 

そんなお母さんたちの声を今までも、たくさんたくさん聞いてきました。

 

特にお母さんという立場は、子育てが辛いと思うこと自体に罪悪感がめばえますものね。

あぁ、なんてひどい母なんだろうと。

そう感じるという人ほど、実は優しいお母さんです。間違いなく。

 

十分すぎるほど、自分のキャパを超えるくらい、もっともっと頑張らないと!と、育児されてることと思います。

 

自分ができること=あたりまえのこと。

とついつい捉えてしまうので、誰でもそれができるわけじゃないことも沢山あるはずです。

 

そんな声にならない辛さや悲しさ、

ご自身への憤りを誰かに出せるということは、心の声に素直な人だからだといつも感じます。

あぁ、この人がお母さんなら大丈夫だなぁと。

 

偉くもなければ、自分自身、完璧な子育てをしているわけでも全くないので、アドバイスなんてことは、私はしませんし、そんなものは必要ないと思っています。

でも、辛いときに、ひとりぼっちは悲しすぎるので、ただ、一時、隣にいる人であろうと常々思っています。

 

日常生活や外出もままならず、

大好きな我が子であっても、

四六時中ずっとお家で一緒にいるのは、

ハッキリ言ってかなりしんどいですね。

それって、みんな同じだと思います。

ひとりじゃないです。

アニメやテレビで見かけるような子育ては、現実じゃないのでね。理想。

 

子どもがいうこと聞かないときは、

子ども自身が考えているということ。

思考停止より、ずっとすばらしい。

 

あなたは、そのままで十分すばらしいので、自分のキャパは超えないようにしてほしいと思います。

じゃんじゃか手を抜いて、

ギュッとなった心が、

ふわっとしますように。

 

怒りすぎちゃうのは、頑張りすぎの裏返しだからです。

悪いわけじゃないんですよ。

もっと手を抜いていいよ、人を頼っていいよのキャパ超えの合図です。

 

あまりに腹が立ったとき、

あまりに自分に情けなくなったときは、

紙に書き殴って

燃やすなり、切り刻むなりすれば、

それはもうなかったことになります。

踊って発散でもいいです。

布団に顔を埋めて叫んでもいいです。

スッキリしてくださいませ。

怒りや落ち込みの反対側に、本当の望みがあります。

 

あまりにヤバイなぁと言う時は、

ご一報ください。

ストップ!セルフ抱え込み。

 

byあやせんせい

 

 

キッズ・トーンブログは↓

http://kidstone.livedoor.blog/