他責ではなく自責にすることで変わったこと

お問い合わせはこちら

ブログ

他責ではなく自責にすることで変わったこと

2021/01/18

今考えてみると、

サラリーマン時代の僕は、

上手くいかなかったことや、失敗したとき、

思うようにできないことすべてを、

他責(会社のせい)にしていました。

 

「この企画、会社のために考えて立案しているのに、

なんで実行してくれないのか」

 

「顧客増大のために、誰でもカンタンに出来る方法を見つけて

それを会社全体で実行していきましょうと提案しても、受け入れてくれないのはなんでなん・・・」

 

そんなグチ、不平、不満ばかり口にして、まわりのせいばかりにして、自分を振り返ることができていなかったなと。。。」

 

今となってみれば、もっと相手のことを考えて、言い方とか、伝え方とかあったように思うけど、その時は必死だったし、なんとかしたいという気持ちばかりが焦っていて、そんな余裕はなかったように思います。

 

 

それもすべて、外に責任を求めて、上手くいかない原因を外にむけていたからだと思います。

 

すべての原因は自分の中にあるのに・・・

 

問題が起きるということは、自分が成長出来るチャンス。

 

それをチャンスと捉えるのか、ピンチと捉えるのかは、自分次第。

 

ただそれを、他責にしていては、なんの自己成長にも繋がらない。

 

 

いかに自責として、自分事として捉えることが出来るか。

 

起こることすべては、自己成長のため。