時間を上手にコントロールする3つの方法

お問い合わせはこちら

ブログ

時間を上手にコントロールする3つの方法

2021/02/08

人生をより豊かなものにしていくためには、

時間をいかに上手に使うかということが、大切になってくる。

人生における「4つの資産」をどれだけ持っているかを把握することで、現在地、スタート地点が分かります。

 

 

◆4つの資産とは

「時間」「能力」「人脈」「お金」の4つです。

 

 

この4つの資産のうち、

 

「時間」以外は自分でコントールすることはできません。

 

 

 

ということは、「時間」をいかにコントロールするかで

自分の人生は変わると言っても過言ではありません。

 

ではどうしたら「時間」というものを自分のものとしてコントロールし、

上手に使うことができるようになるのでしょうか?

 

 

ぼくは、『時間編集術』長倉顕太著の中で、

 

 

 

 

①1.5倍速で生きる

 

②余白時間をつくる

 

③行動してから考える

 

 

 

 

という、時間を上手コントロールする3つの方法を学びました。

 

 

 

 

 

 

①1.5倍速で生きる

 

日々の日常の中で、僕たちにどうしてもはやらなければならないことはあります。

 

やりたくないけどやらないといけないことが、人から頼まれたからやらなければいけないことなど

 

そんな、やらなければいけないことを、1.5倍速のスピードで終わらせることで

 

その分、時間ができるということです。

 

 

1.5倍速なんて、そんなに早くできないと思う人がいるかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

 

大抵のことは、やりながら結構な時間をロスしていることが多いです。

 

 

 

例えば、会議。

何となく会議は60分とか90分ぐらいを目安で考えていることが多いと思いますが、

そもそもそれそんなに必要?

 

 

60分を目安にしていることを、45分を目安に変える。

 

それだけで、1.5倍速で終わらせるということになると思います。

 

45分を目安にすることで、グッと内容が濃くなり、集中して取り組むことができると思います。

 

 

 

 

 

 

②余白時間をつくる

 

①の1.5倍速で生きることができると、生まれるのが

 

余白時間です。

 

この時間が、本当に大切な時間となるのです。

 

余白時間と幸せは、比例すると思います。

 

いくら能力や人脈やお金があっても、

 

時間に追われて、自分を豊かにする時間が無ければ

 

本当の意味で幸せを感じることは難しいと思います。

 

この自分のために十分に使える、余白時間をいかに増やすことができるか。

 

余白時間をいっぱい作って、思いっきり自分のために使い

 

人生をより豊かなものにしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

③行動してから考える

 

考えるというのは、必要なことだと思います。

 

しかし、考えることだけに時間を使うことはもったいないと思います。

 

考えるのと実際に行動しやってみるとでは

 

全く違うことが多々あると思います。

 

ならば、まずは行動してみる。

 

行動してみて、そこから動向をみて、対策なり案を考えてまた行動してみる。

 

考えるを先にやってしまっては、

 

せっかく1.5倍速で動いてできた、余白時間を無駄に使ってしまうことになります。

 

行動してから考える。

 

行動しながら考える。

 

そうすることで、より自分の時間を大切に使うことができると思います。

 

 

 

以上の、3つを日々の日常の中に落とし込んで、

 

 

より豊かな人生を生きていきたいと思います。