経営者に必要な3つの力

お問い合わせはこちら

遊育ブログ

経営者に必要な3つの力

2022/05/05

これからの時代に

経営者に必要な3つの力

2018年末から現在において、世の中は著しく変化しました。

そんな中、

経営というものを根本的に見直す必要が

 

会社を経営している経営者に限らず

自分の人生を経営している一人ひとりが

経営力というものを身につけていく必要があります。

 

そんなこれからの時代の経営者に

必要な3つの力を紹介したいと思います。

 

 

☆この記事からわかること☆

 

・これからの時代の経営者に必要な3つの力

 

 

 

目次

    3つの力

    ①知力

    知力とは、知る、考える力のこと。

     

    今までの時代の日本は、

    「自ら考えなくても言われたことをやっておけばそれで大丈夫。」

    むしろ

    「自らいろいろと考えられて動かれたら困る。」

    という世の中だった。

     

    それは、学校で徹底的に教育された。

     

    一人ひとりが能力が違う中で、

    みんな同じように同じ教科書を与えられ

    その教科書に沿って、先生からその本の内容を教えられる。

     

    教科書の内容がすべてで

    その内容について、

    疑問や質問を持たないように

    徹底的に教育された。

     

    それは見事に成功し

    言われたことはきっちりできるけど

    それ以上のことはやらない。

     

    言われたことしかできない。

     

    まさに知力のない

    思考停止人間が作り上げられた。

     

    そんな教育を受けた人が

    今、日本の社会の第一線にいる。

     

    今からでも遅くはない。

     

    思考停止を解除するために

     

    「考える」ということを習慣にしていく。

     

    どんな些細なことでもいい。

     

    「自分はどう感じてどうのように考える」かという

     

    自分の中に考えがあるということに気づくこと。

     

    自分にも、意志があるということに気づくこと。

     

    まずは、そこからはじめてみる。

    3つの力

    ②徳力

    2つ目は、徳力。

     

    徳力とは、聞きなれない言葉かもしれませんが、

    日本人には、そもそも備わっている。

     

    少しスピリチュアルな表現をすると

    「魂レベル」で備わっている力だ。

     

     

    徳を積むとか徳のある人とか

    日本人は、「徳」という言葉が

    魂に自然と響くのではないか。

     

     

    徳とは、

     

    まずは、

    人のため、他人のためにと動くことで

    自らの喜びとなり

     

    それが高まっていき、徳が積まれていく。

     

    自分のことは後回しにして

    まずは利他を考えて動くこと。

     

     

    これは、日本人のあり方の象徴。

    日本人の魂には、徳力が刻まれている。

     

     

    そのことに、誇りと自信を持って

     

    行動していくことが、今こそ大切な時。

    3つの力

    ③胆力

    3つの力

    ③胆力

    3つ目は、胆力。

     

     

    胆力とは、ブレない力。貫く力。

    さまざまな情報があふれる世の中で

    情報に左右されず

    自分の思い・信念を持って

    自分らしく、まっすぐに生きること。

     

     

    自分らしく生きる姿は

     

    まわりの人に希望と勇気を与える。

     

     

    それに触発されて

    まわりの人々も自分らしく生きていく。

     

     

    それが循環していけば

    必ず素敵な社会、素晴らしい人生になる。

     

     

    自分の信念を貫き

    自分らしく、ブレずに生き抜く。